HOME | レシピ | コラム | コラム#05 親子で楽しむ はじめてのサンドイッチづくり

  • 食べ方
  • パンの種類
  • 使用食材
  • ジャンル
  • 調理器具
  • シーン
  • カロリー
  • 塩分量
  • 閉じる 閉じる
  • 閉じる 閉じる
  • 閉じる 閉じる
  • 閉じる 閉じる
  • 閉じる 閉じる
  • 閉じる 閉じる
  • 閉じる 閉じる
  • 閉じる 閉じる

親子で楽しむ はじめてのサンドイッチづくり

お子様と一緒に、サンドイッチをつくってみよう!

ヤマザキでは、食育活動の専門スタッフ「Mクルー(マーケットクルー)」が全国で「親子サンドイッチ教室」を実施し、“食べることの大切さ”や“つくることの楽しさ”を伝えてきました。しかし、現在はコロナ禍で開催出来ない状況が続いています。
そこで今回は、武蔵野工場でMクルーのリーダーを務める鳴海星来(なるみ せいら)さんに、お子様とつくるのにおすすめのサンドイッチレシピと、サンドイッチを作るときのポイントについてレクチャーしてもらいました。
今年の夏休みは、お子様とサンドイッチづくりを楽しんでみてはいかがでしょう?

武蔵野工場でMクルーのリーダーを務める鳴海星来さん

お子様と作るときは下準備が大切!

今回作るのは、親子サンドイッチ教室で人気の『磯の香りのロールサンド』です。
「自分で作ったうれしさもあって、サンドイッチ教室で野菜嫌いを克服したというお子様が意外と多いんです。このサンドイッチには野菜が入っていて、パンのミミもすべて使えるところが人気を集めています。実際の教室では小学生以上を対象にしていますが、4歳頃のお子様でも作れますので、ぜひ挑戦してみてください」

お子様と一緒に作るときは、まず下準備をしっかりしておくのがポイントです。

・野菜などの具材は親御さんがあらかじめ切っておきましょう。
・材料や使う調理器具はすべてテーブルの上に用意しておきましょう。トレイなどで置き場所も決めておくと、お子様が使った後、元に戻しやすくなるので、テーブルのごちゃつきが減ります。
・お子様の作る意欲が上がるので、子ども用のエプロンや三角巾があれば、用意しましょう。

「もうひとつ。お子様にサンドイッチづくりをより楽しんでもらうために、親御さんは以下のことに気を付けてみてください」

1 お子様用の包丁を用意しましょう

まずは子ども用の包丁を用意しましょう。実際のサンドイッチ教室でも、お子様には子ども用の包丁を用意しています。また「つかっていいと言うまで包丁には触らない」「切るときは、食材をおさえる手は軽くグーに握る」「使ったら元の位置に戻す」など、お子様に包丁を使う時のルールを最初に説明しておきましょう。

2 作り方は1工程ずつ説明を

一度にたくさん説明すると、お子様が理解しきれないことも。パンを切る、具材をのせるなど、1工程ずつ説明すると、お子様にも伝わりやすくなります。

3 なるべく手を出さないようにしましょう

不慣れな手つきに、つい手を出してしまいたくなりますが、ここはグッと我慢。急ぐ必要はありません。教室でも1つのサンドイッチを作るのに、20分ほどかけているので、ゆっくり見守ってあげてください。ただし、未就学児が包丁を使うときや、危ない持ち方をしているとき、力が必要な場面では、やさしく手を添えてあげてください。

4 褒めて、褒めて、褒めまくりましょう!

お子様のやる気を引き出すために、とにかく褒めてあげましょう。「ここまで出来てすごいね!」など声がけを大切にすると、子どもたちは作るのがどんどん楽しくなってきます。

実際にロールサンドを作ってみましょう!

ロールサンドの材料

用意するもの

・スプーン
・子ども用包丁
・まな板
・ラップ
・箸

材料(1人分)

 ロイヤルブレッド(10枚切)1枚
 スライスチーズ 1枚
 のり 1/2枚
 きゅうり(棒状に切る) 1/8本
 カニ風味かまぼこ 1本
 マヨネーズ 大さじ1/2

作り方

  1. 1.作り始める前にエプロンを着けましょう。
  2. 2.手をしっかりと洗い、さらにアルコールで消毒します。指の間もしっかり消毒しましょう。
  3. 3.食パンのミミを上下は残して、左右だけ切り落とします。ちなみに角に白いラインがついている方が上になります。包丁を握らない方の手は“猫の手”にします。そして、包丁は押したり引いたりしながらやさしく切っていきましょう。
  4. 食パンのミミを上下は残して、左右だけ切り落とします。
  5. 4.切った食パンの表面にスプーンでマヨネーズを塗って、のり、スライスチーズの順に重ねます。食パンの下側にきゅうり、カニ風味かまぼこ、3で切り落としたパンのミミを並べます。
  6. 切った食パンの表面にスプーンでマヨネーズを塗って、具材を並べます。
  7. 5.両手をチョキにして、人差し指と中指で食パンの端を押さえながら、残りの指を使って巻いていきます。巻き終わったらラップに包み、ラップの両端をねじって、留めます。
  8. 両手をチョキにして、人差し指と中指で食パンの端を押さえながら、残りの指を使って巻いていきます。
  9. 6.5を2等分にカットして、お皿に盛り付けて完成です。ぜひ、出来立てを召し上がってください。
  10. 5を2等分にカットして、お皿に盛り付けて完成です。

初めてサンドイッチをつくった感想はいかがでしたか?

『磯の香りのロールサンド』は上手にできましたか?
これまでに開催してきた親子サンドイッチ教室では、親御さんから「今まで食べられなかった野菜を食べられるようになった」「今まで包丁を使うのは危ないと思っていたけれど、注意しながら使う子どもの姿を見て、我が子の成長を感じました」「いつもパンのミミを残していましたが、具材として使ったことで完食できた」「小さな子どもでも作りやすかったので、気後れすることなく楽しめました」など、たくさんの感想をいただいています。

参加したお子様からは「また作りたい」「家でも作りました!」などの声も。レシピ完成後、実際の親子サンドイッチ教室では、頑張ってサンドイッチをつくったお子様に修了証を配布しています。

お子様の初めての料理にもぴったりのサンドイッチづくり。ぜひこの夏に親子でトライしてみてください。

冷やしておいしい!フルーティーヨーグルトサンド

冷やしておいしい!フルーティーヨーグルトサンド

型抜きを使って可愛く仕上げたサンドイッチ☆

ふんわり食パンで作るごろっとフルーツサンド

ふんわり食パンで作るごろっとフルーツサンド

ミミまで柔らかいふんわり食パンで、クリームと旬のフルーツを隅々まで堪能♪

お花ポケットサンドボックス

お花ポケットサンドボックス

子どもと一緒に作れる♪見た目も華やか&かわいい、ポケットサンドのお弁当レシピ。

うさぎのアートパン

うさぎのアートパン

食パン1枚でできる!お子様も喜ぶあまくてかわいいアートパン☆

「大好き!パンメニュー ヤマザキッチン」 このページをシェアする

print