HOME | レシピ | 世界の朝食 | ポテトとのびるチーズ!パンと一緒の幸せ

  • 食べ方
  • パンの種類
  • 使用食材
  • ジャンル
  • 調理器具
  • シーン
  • カロリー
  • 塩分量
  • 閉じる 閉じる
  • 閉じる 閉じる
  • 閉じる 閉じる
  • 閉じる 閉じる
  • 閉じる 閉じる
  • 閉じる 閉じる
  • 閉じる 閉じる
  • 閉じる 閉じる

The World's Breakfast 世界の朝食 世界の朝は、「おいしい」があふれている。一日のはじまりを素敵に彩る世界各地の朝食とレシピをご紹介します。

Twitter Facebook

フランス共和国

フランス共和国
オーヴェルニュ地方 ル・ピュイ=アン=ヴレ

ポテトとのびるチーズ!
パンと一緒の幸せ

オーヴェルニュ風「レンズ豆とじゃがいものスープ」。野菜とベーコンをコトコト煮た一皿は、パンと合わせるとしみじみと幸せを実感するおいしさだ。ル・ピュイのレンズ豆は乾燥野菜で初めてAOC(原産地呼称統制)を取得した品質で、粒がしっかりして風味が強い。
*取材協力:料理研究家・柳瀬久美子さん。エコール・リッツ・エスコフィエでディプロマを取得、現地のフランス人主婦に学んだ家庭料理にも定評がある。
撮影:工藤睦子

月刊ダンチュウ[dancyu]2021年 6月号

月刊ダンチュウ[dancyu]
2021年 6月号
編集タイアップ企画より

 地方色豊かなフランスの中でも、その景観は際立っている。中南部の高原地帯・オーヴェルニュ地方に位置するル・ピュイ=アン=ヴレ。中世の面影を残す街中に火山活動の名残の岩山が点在し、頂上に建つ聖堂や聖母子像が厳かに眼下を見下ろす。一方で、住民たちは親しみやすく温かい。有名なサンティアゴ巡礼路の起点。旅人をもてなし、励ましてきた長い歴史があるのだ。

 街の隠れた楽しみが、じゃがいもを使った料理。周辺は石灰岩の台地。豊壌な大地とは言えないけれど、ミネラルの多い土壌、清涼な水と空気に育まれた高原野菜に定評がある。じゃがいものほかにも、最高品質の呼び声高いレンズ豆が有名だ。

 「レンズ豆とじゃがいものスープ」は、そんな地場食材を組み合わせた定番メニュー。一緒に煮込むベーコンから出るだしと塩、胡椒のみで味つけをした素朴な料理だが、素材の滋味がしみわたるように旨い。パンとの相性も抜群。土地の味と小麦の風味が溶け合う幸福──。これもパリの洗練とはひと味違った、フランスの美味である。

 もう一つ、日本でも人気の料理が“のびるマッシュポテト”の「アリゴ」。餅のようにのびる秘密はトム・フレッシュと呼ばれる特産チーズにあり。火にかけながら練ると、強い粘りが生まれるのだ。

 ル・ピュイから巡礼路を南西に進んだオーブラック地方の発祥。のどかな牧草地も昔は荒野。命がけで難所に挑む巡礼者たちにも施されていたという。パンや肉にからめて食べると、体も心もほかほかになる。人から人へ温かさを伝える味わいだ。

 さて、ル・ピュイの朝は祝福のミサで幕を開ける。今日の糧となるパンと水をリュックに詰めて、大聖堂へ集まってくる巡礼者たち。約1500kmの長く険しい旅もここから始まる。途中で脱落する人や道を変える人もいる。それも、それぞれの巡礼だ。そしてどの道を行こうとも、おいしい料理、人との出会いがきっとある。

トーストと好相性!のびるマッシュポテト「アリゴ」

じゃがいもとチーズのおいしいハーモニー。日本でもビストロやワインバルで話題の料理を、家でつくりやすくアレンジ!

フランス中南部、美しい高原と山々が広がるオーヴェルニュ地方〜オーブラック地方の名物料理です。現地では、マッシュポテトと熟成前の特産セミハードチーズ(トム・フレッシュ)を練り合わせてつくられていますが、今回は家でつくりやすくアレンジ。トーストしたパンや肉料理のつけ合わせ、ワインの友にもぴったり!クリーミーでほっとするおいしさです。

アリゴ

おススメのパン

塩バターフランス
材料:4~5人分
塩バターフランスパン 好きなだけ
じゃがいも(男爵) 4個
にんにく 1片
モッツァレラチーズ 120g
グリュイエールチーズ 60g
生クリーム 100ml
無塩バター 25g
塩、胡椒 各適量

作り方

よく洗ったじゃがいもとにんにくは皮つきのまま、たっぷりの水を張った鍋に入れ、やや多めの塩を加えて柔らかくなるまでゆでます。

じゃがいもとにんにくを取り出し、どちらも熱いうちに皮をむいたら、マッシャーなどを使ってつぶします。

鍋に②と無塩バターを入れ、余熱でバターが溶けたら全体を混ぜ、さらに生クリームを少しずつ加えながらよく混ぜます。

③を弱火にかけ、角切りにしたモッツァレラチーズ、きざんだグリュイエールチーズを加え、ヘラなどでよく練り合わせます。全体が餅のようにのびるようになったら、塩、胡椒で味を調えます。

塩バターフランスパンは、オーブントースターなどでこんがり焼き、熱々の④をからめるなどしていただきます。

一口メモ

どんなパンとも好相性。特にトーストした「塩バターフランスパン」なら、バターの風味が絶妙なアクセントになります。
冷めるとのびがなくなりますが、電子レンジである程度は元の状態に戻るので、夕食用につくった残りを翌朝に楽しむこともできます。

BACKNUMBERバックナンバー

世界の朝食レシピ&コラムが130種類以上!

2020年までの世界の朝食

Twitter Facebook

人気レシピランキング
もっと見る

「大好き!パンメニュー ヤマザキッチン」 このページをシェアする

print