HOME | レシピ | 世界の朝食 | クリスマスプディングが、香る頃には…

  • 食べ方
  • パンの種類
  • 使用食材
  • ジャンル
  • 調理器具
  • シーン
  • カロリー
  • 塩分量
  • 閉じる 閉じる
  • 閉じる 閉じる
  • 閉じる 閉じる
  • 閉じる 閉じる
  • 閉じる 閉じる
  • 閉じる 閉じる
  • 閉じる 閉じる
  • 閉じる 閉じる

The World's Breakfast 世界の朝食 世界の朝は、「おいしい」があふれている。一日のはじまりを素敵に彩る世界各地の朝食とレシピをご紹介します。

Twitter Facebook

英国

英国

クリスマスプディングが、
香る頃には…

英国クリスマスの食卓を飾る「クリスマスプディング」。出来上がるまで約1カ月もの熟成期間をかけ、食べる直前には火をつけてアルコールをとばし、幻想的な青い炎と芳しい香りを楽しむ。生地の中には、翌年の幸運を占うコインや指輪を仕込む家庭も多い。
*取材協力:「Niki’s Kitchen英語料理教室」各国本場の味をネイティブ講師に教わる料理教室。今回は英国料理のシュウ先生が担当。
www.nikikitchen.com
撮影:牧田健太郎

月刊ダンチュウ[dancyu]2021年 12月号

月刊ダンチュウ[dancyu]
2021年 12月号
編集タイアップ企画より

 英国のクリスマスは、11月に始まる。それは12月25日の約5週間前──イエス・キリストの降誕を待ち望むアドベント(待降節)直前の日曜日に始まる伝統的な「クリスマスプディング」づくり。

 材料は、パン粉と小麦粉、卵、牛脂やバター、ラム酒やシェリーに漬けた何種類ものドライフルーツにナッツ、スパイスなど。それらを合わせた生地を、家族一人一人が願い事をしながらかき混ぜ、専用のポットで蒸すこと5〜8時間。さらに約1カ月間は冷たい場所に置き、時々ラム酒やブランデーをかけながら熟成させる。こうしてできるずっしり重たいプディングは、家族で迎える聖夜の食卓の主役になる。

 そもそも英国で、クリスマスは家族の日。普段は遠く離れて暮らす家族もできる限り集まり、絆を確かめ合う。そんな大切な一日に向けて、リビングにツリーやヤドリギの飾りつけをしたり、友人に宛てたカードを書いたり……。

 待つ時間の間にも、クリスマスプディングは一日一日、芳醇な香りと複雑な味わいを湛えていく。有名なヨークシャープディングやカスタードプディング、ブレッドプディングなど、プディングは英国を代表する家庭料理で種類も多いが、これほど手間のかかるものはない。クリスマスプディングは、時間が育てる家族の味だ。

 そして迎えた12月25日の朝。英国では公共の交通機関も休みとなり、昨日まで美しいイルミネーションに彩られていた街は静まりかえる。その一方で、家の中には楽しそうな笑い声が響く。子供たちはプレゼントに夢中になり、大人は午後のディナーのために多めにつくった前菜やパンで乾杯するというのが通例だ。

 さまざまな出来事のあった2021年、今年はいつにも増してクリスマスを心待ちにする人が多いはず。止まっていた時間が動き出すように──そんな願いを込めて囲む食卓に、これほどふさわしい日はない。

ふんわりサクッ!カスタードがしみた
「ブレッド&バター・プディング」

甘さ控えめ。ダイアナ元妃も愛した英国“郷愁の味”

クリスマスプディングが特別な日のプディングなら、日常的に愛されているのが「ブレッド&バター・プディング」。英国人のコンフォートフード(郷愁の味)で家庭ごとにわが家の味があり、かのダイアナ元皇太子妃も大好物だったとか。ソフトな食パンでつくるとふんわりサクッ!食パンの新しいおいしさを体験できます。

ブレッド&バター・プディング

おススメのパン

ダブルソフト
材料:8人分
ダブルソフト 5枚
無塩バター 50g
マーマレード 大さじ3
卵(Lサイズ) 3個
砂糖 60g
牛乳 400ml
生クリーム(乳脂肪分35%) 200ml
バニラエクストラクト 小さじ1
レーズン ひとつかみ
[シナモンシュガー]
(あらかじめ混ぜておく)
 シナモンパウダー 小さじ1
 ブラウンシュガー 小さじ1

作り方

ボウルに卵、砂糖、牛乳を入れてよく混ぜ、全体がなじんだら、生クリーム、バニラエクストラクトを加えてさらに混ぜます。

ダブルソフト5枚の片面に、室温に戻して柔らかくした無塩バター、マーマレードを1/5量ずつ塗り、それぞれ対角線に斜め4等分に切ります。

耐熱皿(深め)の内側にまんべんなく無塩バター(分量外)を塗り、②を耳を下にしてすき間なく並べたらレーズンを散らし、①を注いで2〜3分おきます。全体に液がしみ渡ったら、シナモンシュガーの半量をふります。

180度に予熱したオーブンで③を20〜25分焼きます。20分たったら一度焼き加減を確かめ、余計な水分がとんで表面がサクッ、中がふんわり仕上がっていたら焼き上がり。足りないようなら、もう5分焼いてください。

④をオーブンから取り出し、残りのシナモンシュガーをふります。

一口メモ

今回は大きめの耐熱皿(約30cm×20cm)を使いましたが、耐熱皿やオーブンのサイズに合わせて材料の比率はそのまま、分量を調節して作ってください。食べるときは生クリーム(乳脂肪分45%がお薦め)をかけたり、季節の果物、アイスクリームを添えるとご馳走感がアップします。

BACKNUMBERバックナンバー

世界の朝食レシピ&コラムが130種類以上!

2020年までの世界の朝食

Twitter Facebook

人気レシピランキング
もっと見る

「大好き!パンメニュー ヤマザキッチン」 このページをシェアする

print